TOP > 企業活動 > 事例集 > 事例046

yWz

■ 職場事例046
45歳男性、営業職。臨時に人事部が営業職の時間外労働状況を調査した際に、時間外労働が月80時間を越えていたために、産業医Sと面接を行った。営業職であるために、接待で外食が多く、食事が不規則であるとのことであった。また、仕事が終わる時間は午前0時過ぎが常態化している。精神・身体的な不調は訴えていなかったが、定期健康診断の結果、高血圧と高血糖(HbA1C 10.0前後)が認められた。本人の話では、以前は医療機関に受診して内服治療を行っていたが、最近数ヶ月間は仕事が忙しくて通院を中断しているとのことであった。産業医Sは、以前受診していた医療機関への受診を再開するよう指導した。