TOP > 企業活動 > 事例集 > 事例048

yWz

■ 職場事例048
40歳男性。製品の運搬作業を行っており、重量物を取り扱う。一時的に作業負荷が増加したために以前から持病としてあった腰痛が悪化した。整形外科は受診していない。時間外労働が月に100時間であったため産業医が面接を行った。通常は手で運ぶ重量の製品でも支援機器を使用することや、腰痛の状態が悪くなった場合は他の作業者と作業を交代し、整形外科を受診するよう指導した。